地域医療の求人サイト特集<※地域医療に貢献したい方必見>

TOP >> 地域医療に携わる薬剤師 >> 地域医療に携わる薬剤師の仕事内容・役割

地域医療に携わる薬剤師の仕事内容・役割

地域医療に対して前向きに捉え始めている医療機関は非常に増えてきていますが、職業としての温度差、地域としての温度差というのはやはりあるものです。薬剤師という観点で捉えてみると、地域医療というのはまだ十分ではない面があると言えるでしょう。 そもそも薬剤師としてどのように地域医療に関わっていけば良いのかがはっきりといしていない人も少なくありません。地域医療に関わる薬剤師としてどのような仕事をするのか、どのような役割があるのかをもっと多くの人が知っていくべきであると言えるでしょう。

地域医療に携わる薬剤師の仕事としては、適切な薬の提供はもちろんのこと、薬に対する相談や、他職業との連携を通した、薬への理解などがあると言えます。これは地域医療ではなく、施設内の医療としても当然重要になりますが、地域に出て、地域の人に知ってもらうということが地域医療では重要になっていきます。

診療所や、クリニックなど、地域に根ざした医療機関に、薬剤師がしっかりと存在するようになると、適切な薬がよりしっかりと利用できるようになります。地域によっては診療所はあるが、薬剤師は配属されていないということもあります。これでは、薬剤師として地域医療に貢献しているとは言えないでしょう。地域に根ざした、クリニック、施設などで薬剤師として仕事をするということが、地域医療に貢献する薬剤師の1つの姿であると考えられます。

また、別の形としては、薬局やドラッグストアとなります。 意外と薬剤師が、薬局やドラッグストアにいることを知らない人も多く、薬に関して相談ができることも知らない人がいます。 このような場所で、薬剤師として地域の人と触れ合うようにしていくのも、また地域医療の1つと言えます。市販されている薬の中にも、専門的な知識が必要なものというのは多くあります。また市販はされているが、いわゆる一般の人にとっては馴染みのない薬というのもあります。そのような薬を説明する薬剤師というのは、一般の人からすれば非常に心強く、いつでも相談できる専門家として頼りになるものです。

薬剤師として地域医療に貢献することは薬の効果を引き出すだけではなく、薬への不安の緩和、そして適切な使用の推進につながっていくと言えるでしょう。数多くの薬を服用している高齢者などにとってみても、身近で相談できる薬剤師がいることは非常に価値のあることになります。 薬剤師も地域に進出するべき時期が来ているということでしょう。

地域医療に携わる薬剤師の仕事内容・役割の求人サイト 人気ランキング

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>地域医療に携わる薬剤師求人サイトランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2015 地域医療の求人サイト特集<※地域医療に貢献したい方必見> All Rights Reserved.